ライフハックマガジン

毎日をちょっと良くするライフハックを

耳で情報収集!新聞代わりにラジオクラウド

耳で情報収集!新聞代わりにラジオクラウド

自意識過剰な銀座OL、やままです。
情報収集の方法は数多あれど、私は「耳」に多分にお世話になっています。
「何を聴いているか」を語り合う飲み会があったら楽しそうなものですが、ほとんどないので書かせてください。数回書かせてください。

私が望む理想の情報収集と現実

みなさんお忙しいことと思いますが、時間に制約がないとして、どんな情報収集ができたら満足いきますか?私はこんな感じです。あくまで理想です。

・朝、新聞をじっくり読んで社会情勢を把握する
・気になるジャンルの雑誌や書籍を読み、専門性の高い情報を仕入れる
・テレビの情報番組やバラエティ番組で旬の人やネタを知る
・ニュースサイトやブログを読み、ブログや記事執筆に向けて刺激をもらう

タスク管理を行う前は、これらをすべてやり、さらには小説や漫画などを読んで教養を深め、苦手としている地理や歴史を勉強し、本当ならアニメや映画も観て、自分をもっと高めていかなければならないのに私はなぜできないんだろう!時間の使い方が下手なんだ!残業のない会社に転職したというのに、なんと情けないことか!

……と、思っていました。早々に眠くなってしまう自分が大嫌いでした。

タスク管理アプリなどを活用して「1日を過ごすために最低限必要なルーチンワーク(風呂や化粧など)」にかかる時間を知り、「1日は24時間」というごく当たり前の事実と照合させたことで、やっと「こんなことをやろうとしていた時点でバカすぎる」と思えるようになりました。そのうえ、ジム通いや飲食店の取材、ブログ執筆にも時間を使いたいと言っているんだからバカ中のバカです。

時間短縮のコツは「諦め」と「耳」にあるのでは?

「こんなの無理」と気づいてから、「本当に必要なこと・やりたいこと」だけを残し、あとは切り捨てることにしました。
当たり前のことでしかないのですが、なにせバカなので「諦める」ことにも時間が要ったんですよ……念じれば1日の時間が増えるとでも思っていたんでしょうか……(しかも、たった1年前のことです)

例えば、毎朝の新聞購読。
それなりに時間がかかるのに、その割に読んだことを何かに活かせている実感がイマイチ湧いていませんでした。
書くことは大好きなんですが、「読む」ことが非常に苦手で……大人としてどうなのか、非常に恥ずかしいのですが……。

でも「時間は限られている」ことと「本当に必要な情報収集」を突き合わせると、私にとっての新聞購読はプライド維持のためのものでしかなく、優先度が低いという事実が見えてきました。そして、思い切ってやめたのです。

新聞が担っていた「朝、日々の社会情勢を知る」役割を何で補ったかというと、ラジオです。ラジオクラウドアプリを愛用しています。

「読むことが苦手」となるとテレビが良さそうなものですが、視覚が画面に奪われることで「朝の支度」のパフォーマンスが地味に悪くなりました。真剣に見ているつもりはないのに、です。
ラジオはラジオで、放送中のものを聴くとなると結構CMが多いんですよね。スポンサーさんとのお付き合いで仕方ないのでしょうが、朝から健康の話題が多いなあ、といったことにもなります。

結果、「ラジオの好きな情報番組をラジオクラウドアプリで聴く」ことに落ち着きました。予めCMがカットされていますし、ダウンロードできるので電波状況に左右されずに楽しむことができます。朝の支度の最中、通勤時の徒歩中、帰宅後の夜ごはんの準備中、場合によってはシャワー中も。とにかく「耳しか使えない」というときは常に耳にイヤホンが突っ込まれています。

ちなみにいま使っているのはBluetoothの片耳イヤホンで、防水タイプなのに3,000円足らずというお安いものです。毎回ペアリングしないといけないのが面倒ですが、愛用しすぎてその欠点までもが愛しいと感じるフェーズに入っています。説明書のたどたどしい日本語もとてもかわいいのでおすすめします。

新聞代わりに聴いているラジオ番組は「デイ・キャッチ」

もともと好きで聴いていた、TBSラジオの「荒川強啓デイ・キャッチ!」が私の新聞代わりとなりました。
当初は新聞購読もできない自分への情けない気持ちでいっぱいでしたが、徐々に「ここで話されている内容をさも自分が考えていることかのように話せたら、ニュースを十分理解していることになるじゃないか」と開き直るようになりました。(余談ですが、「ここで語られていることを自分でも話せるようにならなくては、理解しなくては」と、当初は通勤中や帰宅後に番組を聴きながら要点書き起こしをしていましたが、1ヶ月も続きませんでしたね……)

「デイ・キャッチ!」での情報収集はとても気に入っていて、居酒屋でおじさんたちと話すときに困らない程度には、政治やスポーツ、経済の情報がわかります(数字に弱いので、経済はちょっと嘘かも)。同番組ではよほどのことがない限り芸能ニュースを取り扱うことがないのですが、それでも、タレントの誰と誰が結婚しただとか、不倫していただとか、そういうニュースを把握できてしまっているのも面白いですね。いろいろとWEBニュースを検索している際に見えてしまったり、電車の中吊り広告で知ったり……テレビでの情報収集だと、芸能ニュースに費やされる時間も多いはず。効率よく情報収集できているような気分がします。

ラジオクラウド
カテゴリ: エンターテインメント
販売元: Hakuhodo DY media partners Inc.

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

銀座某所広報担当やまま
85年生まれの自意識過剰なアラサー銀座OLです。ブログ運営などの趣味時間を増やすために転職したものの、周囲の目が気になって残業しがち。食べることが好きで、ブログ「言いたいことやまやまです」で食レポエッセイをよく書いています。颯爽と18時に退社して趣味活動に打ち込む生活の実現に向け、ライフハック畑に片足を突っ込んだばかりです。命を燃やすように生きたい。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 情報整理マガジンで「耳で情報収集!読書代わりにAudible」や「耳で情報収集!新聞代わりにラジオクラウド」という記事がエントリーされていて、ちょっと気になっているところ。 […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Google AD

Return Top