ライフハックマガジン

毎日をちょっと良くするライフハックを

和田稔さんにインタビューしました

和田稔さんにインタビューしました

わからないことがあります。
なぜ私たちはブログをアップするのかということです。

今回、本師執筆者の1人である和田稔さんに伺ったのも、基本的にはそのことでした。

和田さんは、会社員です。
ブログを書かなくても生計は立てられるのです。
というか、ブログを書くことで生計を立てるより、はるかに安全確実でしょう。

なのにどうしてブログを書いたりするのでしょう?

ブログのきっかけは憧れの人を真似るところから

と和田さんはおっしゃいました。それが誰なのかはわかりませんが、なにか「そうなりたい人」がブログをやってらしたのです。

ブログを書いているうちに、その人のようになれたのでしょうか?

ネットは人のまねしても二番煎じ以上にはなれない

ネットでなくてもそうかもしれませんが、ネットだと妙にそういうことがハッキリわかってしまいますね。狭いクラスタがたくさんあるからかも知れません。

憧れの人がブログを書いていた。だからブログを書いてみた。でもその人のマネじゃダメだ。

「どこかでオリジナリティを追求する必要がある」

そのオリジナリティを出したことで成功し、ついには電子書籍を出せたということなのですね。それもかなりのヒット作でした。

と思ったら、ちがうらしい。

本を出した後
オリジナリティは出さないといけないんだ!
と気がついた」

どうもそうらしいのです。

「本を出すのはブログの目標ではなかった
でも本を出したことによって、ブログが形になった」

非常に良い結果に転がったと。
これがブログを書いている理由なのでしょうか?
でもだとすれば、本を書いたところがブログのゴールだということにもなります。今でも書き続ける理由は?

ブログを書くモチベーションが変化した

やっぱりそうですね。
最初は憧れを追っかけてたが、本を出してみて、それではいけないのだと思うようになったので、ブログを書くモチベーションが変化したと。

ではいまの和田さんのオリジナリティとは?

いつも悩んでる

まあそうですよね。

では私が見たところの和田さんといえば、「会社員なのにブロガーでもある人」です。
でもそれではあまりオリジナルではないというなら、「ブログ塾みたいなものも運営されていて、ワードプレスなどにもくわしい」ですね。

「いろんなコミュニティに顔を出しているうちに
驚いたことがあった。
ワードプレスにやたらくわしい人たちがいるコミュニティに
ブログを書いている人がほとんどいなかった

スキー職人が、雪を見たことがない、みたいなお話です。
ブログを書く人だけにある視点、というものがあるわけです。

こんなお話を伺う中で、最初の質問に戻ってきました。
なぜブログを書き続けるのですか?

「自分のアイデンティティ
人から見た自分の個性に
ブログを書くということが含まれている
会社から一歩外に出てしまうと
誰も自分の事を知らない。
自分が何に興味があるかなどがまったくわからない
書き続けていれば見えるものもあるのでは?
と思う」

和田さん、どうもありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Google AD

Return Top