ライフハックマガジン

毎日をちょっと良くするライフハックを

ブログを書くと夢が叶う理由をマズローの欲求5段階説から考えた

ブログを書くと夢が叶う理由をマズローの欲求5段階説から考えた

先日、佐々木正悟さんにインタビューを頂きまして、どうしてブログを書き続けられるのかというテーマで記事にして頂きました。

和田稔さんにインタビューしました | ライフハック情報整理マガジン

インタビューを受けた当時は、言いたいことを言っていたつもりなのに読み返してみるとまだまだ言い足りていないことがあると感じました。

そこで、今回の記事は前回のインタビューの続編的なテーマで「なぜブログを書くと夢が叶うか」ということに対して私なりの仮説をまとめてみることにします。

ブログを書くと夢が叶う

私の周りには、ブログを書いている友人がたくさんいます。彼らの中には、ブログをきっかけに独立した人、兼業ながら書籍を出版した人、あるいは自分でイベント主催している人など、自分の夢を叶え活躍している人が少なからずいます。

先日は親しいブロガーの友人は、音楽を学ぶためドイツに移住する決意をし、私も送別会に参加してきました。

果たして彼らはブログを書いていたから自分の夢を叶えることが出来たのでしょうか。少なくとも私はそうだと考えています。

このように書くと、スピリチュアルとかオカルトのようにもとれなくないのですが、私自身電子書籍を出版し、ベストセラーになったのはブログの更新を続けたからだと感じています。

なぜブログの更新を続けると夢が叶うのでしょうか。

ほとんどの欲求は「承認欲求」である

私も子供のころから人並みにいろんな夢やあこがれを持って生きてきました。学生のころまでは学校の先生になりたいと考えていましたし、社会人になってからは周りを引っ張っていけるようなプロジェクトマネージャーになりたいと考えていました。

ですが、これらはあとから振り返ると夢とは少し違っていることに気付きました。

本心では、別にまあどちらでもいいやと感じていたにもかかわらず、これをやることで周囲に人から認めて貰える、自分の居場所を確保できる、そういう対象を自分の夢と考えていたのです。

マズローの5段階欲求という学説があります。人間の欲求は「生理的欲求」「安全欲求」「社会的欲求(帰属欲求)」「承認欲求」「自己実現欲求」という5段階の階層になっており、動物的欲求である「生理的欲求」「安全欲求」が満たされないかぎり上位に欲求は出てこないとい学説です。

実は過去私が自分の夢だと考えていたものは、大半がそれを実現することで周りから認めて貰えるという「承認欲求」から来ているものでした。

ですが、マズローの欲求5段階説にあるように、元来承認欲求と、夢すなわち自己実現の欲求は別物です。すなわち承認欲求がある程度みたされないと本当の自分の夢は見えてこないのです。

気が付くと人から与えられた夢を語っていた

帰属欲求や承認欲求が満たされない状態で、夢が見つかりにくい理由はポジショントークに慣れすぎてしまうことです。

組織にしろ、家族にしろ人は社会性の生き物なので、あらゆる場面で発している言葉というのは多かれ少なかれポジショントークを含んでいます。立場を越えたところで自分のいいたいことというのは社会生活を営む上ではなかなか難しいことです。

自分の意見を言っているつもりが、所属する組織の立場で物事を言っているだけだったということは別に珍しいことではありません。

自分のやりたいことがわからないという人の多くはポジショントークに慣れすぎて本来の自分の見失っている状態なのです。

ブログとSNSで「承認欲求」が満たされる

私はこの承認欲求を満たす上で、ブログが大きな役割を果たすと考えています。昨今のインスタブームのように世の中の人はSNSに承認欲求を満たすことを求めて来ています。

ブログを更新して、SNSに流すことによってすくなからずネット上で反応が貰えるようになります。そうすると自分の中にある承認欲求を満たせるようになって来るのではないでしょうか。

ましてやいわゆるプロブロガー本にあるようなセルフブランディング術を実践し、○○ブロガーの人という認知のされ方をすればなおさらのはずです。まして、ブロガーのオフ会などに参加していく中で気心の知れた仲間ができてくればいよいよもって帰属欲求や承認欲求が満たされてきます。

ブログを契機に独立した方の書籍を読むと、所属する組織以外に自分の居場所が出来たことが独立の大きな後押しになったいう主旨のことを書かれていることが多いのはこのためです。

こうして承認欲求が満たされることで上位の欲求である「自己実現の欲求」と向き合えるようになってくるのです。

「自己実現の欲求」と向き合う

「自己実現の欲求」と向き合う上でもブログを書くことは大きな役割を果たします。

ブログの更新を続けていけば、必ず「自分は何を書きたいのか」という壁にぶつかります。

ブログにおいて、ポジショントークをする必要はありません(もちろん安易は誹謗中傷や公序良俗に反するものはよくないと考えますが)。このため、ぐっと深く自分の内面と向き合う必要があるのです。

このプロセスはまさに「自己実現の欲求」と向き合うことと同一です。だからこそブログの更新を続けることは夢を叶えることにつながってくるのです。

もちろん、夢が見つかったからといってすぐに行動に移せる人ばかりではないでしょう。ブログを書いてみたけどしっくり来ないという人もいるでしょう。

ですが、このようなプロセスを経て自分の気持ちに自覚的になり、行動変容が起こると考えれば「ブログを書けば夢が叶う」という言説もオカルト的だとかスピリチュアル的だとかいって一蹴に伏すことは出来ないはずです。

結局はブログを更新し続けた結果は、ブログを更新し続けた人にしか訪れないのですから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Google AD

Return Top