ライフハックマガジン

毎日をちょっと良くするライフハックを

手書きでメモを取るのは「指が考えてくれる」から

手書きでメモを取るのは「指が考えてくれる」から

佐々木編集長の「メモ」に関する記事を読み、私にとってのメモには大きく2種類あるのだということに気づかされました。

編集長が語っているのは「記録としてのメモ」で、それは前後の流れ、すなわちコンテクストのなかで成立するもの。手書きのものだとそのときの状況まで記録するのは至難の業であるから、デジタルで書き残すことのほうが容易いのだ、といったお話に共感しました。

私は会社の議事録やセミナー参加時のノートは、ほぼデジタルで記録しています。基本的にアウトライナー(WorkFlowy)に書きなぐり。誤字は気にしない。本題・余談の文脈も気にせずどんどん打ち込みます。
その後、なるべくコンテクストの記憶が鮮やかなうちに、誤字脱字の修正とともにアウトライナー上で文脈を整理しています。ドラッグするだけで文章一式の位置が移動できるのは「Word」との大きな違いですね。
満足いくものになったら、それをWordにコピペして議事録資料として提出したり、Evernoteで保管したりしています。(セミナー資料を後日PDFでいただけるようなこともありますから、その資料もEvernoteに貼り付ければ完璧です)

しかし私は手書きメモが好きなのです。

普段から必ず、RollbahnのA5サイズノートとLAMYの3色ボールペン(芯はジェットストリーム)を持ち歩いています。これがないと落ち着きませんし、1日が成立しません。ではそこにどれだけ大事なことが記録されているのかというと、「ほとんど、記録はありません」というのが実態です。

将来の自分のために書き残しているものではなく、「今の自分」のためにしか存在していない、非常に刹那的なメモなのです。メモという名称に語弊があるようにすら感じます。自分との対話の場、1人ミーティングの場、筆談会場としてのリングノートなのです。「創造のメモ」とでも呼びましょうか。

企画を考えるにあたり頭がぐちゃぐちゃになっているとき、自分の悩みを明確化したいときなど、脳みそがこんがらがっているときに、特に効果を発揮します。こうした作業のことを「(頭の中の)見える化」などと称しますが、個人的には、「視覚化することで情報を整理できる」以上に、「書きなぐることで創造できる」ことがすばらしいと思うのです。

脳みその中の断片的なキーワードを並べることで新たな「グループ」が見えたり、そこからアイデアが膨らんでいったり、という側面はもちろんありますが、それ以上に「指が考えている」感覚があります。脳より先に指先が思いついて、新たな文字が紡がれていく感覚と言いましょうか……。

以前、音声入力についての記事を書きました。なにか文章を書く際、いざデスクに向かおうとするとハードルが高くなるけれど、音声入力であれば気軽に話せばいいだけ。それだけでアイデアの断片がどんどん入力できるメリットがあるのです。そしてそれは私にとっての「ノートへの殴り書き」と同義です(音声入力も継続して挑戦中ですが、なんだかんだで殴り書きスタイルに戻ってしまう日が多々あります)。

書きなぐって生まれたアイデアは、結局すぐデジタルで文章化したりリスト化したりされますから、紙のメモは不要になります。読み返すとまた新たな思いつきもあるのかもしれませんが、過去は振り向かないをモットーとしておりますので(嘘)、書きなぐった紙はリングノートから引きちぎって捨てます。紐綴じノートやキャンパスノートではなくリングノートを選んでいるのは、「ページをちぎって捨てられる」からです。ノートを使い終わるころには、かなりペタンコになってしまいます。私にとっての「手書きメモ」は刹那的なものなのです。

余談ですが、「書きなぐり」にはテンションが大事だと思っています。書きやすい環境が整っていると、テンションは高くなります。
「持ち歩ける」という利点ゆえに先ほどはRollbahnのノートとLAMYのペンの名を挙げましたが、テンションをMAXに持っていくとしたらオキナのProject Paperとぺんてるの水性ペン(特に青)の相性が抜群です。ペンが滑り、抵抗感ゼロ。どんどん文字を紡いでいきたくなります。
しかしProject Paperは「いい紙」ですから、多くの場合はA4コピー用紙の裏紙を使います。A4という、そこそこ広大なスペースに水性ペンでガッツリ文字を書いていけるというのは気持ちがいいものです。デトックス効果、あるかもしれません。

ペンの色が青であるのは、万年筆への憧れの気持ちゆえです。アメリカ人ペンパルから届く手紙にしたためられた、太くて丸い、青インクの英語たちよ!あのときの憧れが、私の手にぺんてる水性ペン(青)を取らせるのです。……以上、余談でした。

オキナ プロジェクトペーパー A4 5ミリ方眼 100枚 PPA45S

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

銀座某所広報担当やまま
85年生まれの自意識過剰なアラサー銀座OLです。ブログ運営などの趣味時間を増やすために転職したものの、周囲の目が気になって残業しがち。食べることが好きで、ブログ「言いたいことやまやまです」で食レポエッセイをよく書いています。颯爽と18時に退社して趣味活動に打ち込む生活の実現に向け、ライフハック畑に片足を突っ込んだばかりです。命を燃やすように生きたい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Google AD

Return Top