ライフハックマガジン

毎日をちょっと良くするライフハックを

胃カメラ、歯科検診……苦手な病院イベントを「猪木のビンタ」だと捉えてみる

胃カメラ、歯科検診……苦手な病院イベントを「猪木のビンタ」だと捉えてみる

予防注射や胃カメラ検査、歯科検診など、「できれば避けたい病院イベント」は多々あります。これをライフハックの力でポジティブに乗り越えようというのが今回のお話です。

なぜこのように冒頭で「ライフハックの力で」などと仰々しく申し上げているかというと、以下の内容が「ライフハック」に当てはまるものなのかどうか、自信がないからです。

しかし言い切りというのは大事で、「ライフハックです」と断言すればそれらしく見えてきます。「おしゃれ」と同じようなものです。自信なさげにシャツをズボンにINしていれば「ダサい」となるかもしれませんが、堂々としていれば「おしゃれ」です。ちなみに今日、私は己の心を鍛えるために「未来少年コナン」のラナちゃんがデカデカと描かれたTシャツをジーパンにINしています。堂々としていれば「おしゃれ」になると信じて。

余談が過ぎました。
私は肩にケロイドという古(いにしえ)より伝わる魔物を飼っておりまして、定期的に鎮静剤を打たないと暴れだし、夜も眠れぬほど疼くのです。「血が欲しい」と……などと、俗に言う「中二病」表現を用いれば持病もかわいいものに思えてきます。しかし文章上ではかわいいものであっても、その苦痛というのはなかなかどうして、いつまで経ってもかわいく感じられないものです。

重い花粉症の方の耳鼻のムズムズに近いかもしれません。掻いたところで落ち着くものでもない。しかし掻いてしまう。肩というのも格好悪く、うっかり勤務中にぼりぼり掻いてしまうとその姿はオヤジそのもの。掻いてからいつも後悔します。

手術をしても傷口が再びケロイド化しますので(実践済)うまく付き合うよりほかありません。ステロイドシートの貼付や飲み薬といった対処法がありますがイマイチ効果が感じられず、「ケロイドにステロイド注射を打ち込む」という方法でしのいでいます。

これが、痛い。ケロイドは複数個所あり、なかでも肩甲骨付近の魔物退治のときなどはとりわけ痛いのです。したがって「痒くなってきたけれど、まだ我慢できる……まだ行きたくない……」というように通院を極力避けるようにしてしまいます。

その対策として、私は「ケロイド注射のイニシエーション化」で痛みを乗り越えることにしました。

ケロイド問題と並行して「メンタルが気圧に左右されがち」という問題を抱えているのですが、これを活用し、「気分が落ちているとき」に敢えて病院の予約をとります。「これを乗り越えられれば、気落ちしている自分のことも乗り越えられる」などと思い込むのです。

ステロイド注射、それは猪木のビンタ

この方法でどこか前向きに通院できている自分に気づきました。だから私は「通院の猪木化」というライフハックを提案したい!

思い返せば、勇気のいる病院イベントはメモリアルな時に行いました。
高校卒業でピアスの穴を開け、大学卒業でレーシック手術。眉タトゥー(アートメイク)はいつだったかな、痛かったです(全部「趣味の病院イベント」で恐縮です)。

不快だし、痛い。しかしこうした「ビンタ」によって気持ちはどこかリフレッシュさせられ、強い自分になれた気がしました。根性焼きとは異なり(もちろんお医者さんを選ばねばなりませんが)安全ですし、乗り越えた先に必ず「よい結果」が待っているのがうれしいではありませんか。猪木のビンタより、むしろこっちのほうがお得です。

もう何年も歯医者さんに行っていないという方、親知らずを放ったらかしにしているという方、いらっしゃいませんか。胃カメラ、そろそろ行っておきませんか。なんらか敬遠しているお医者さんイベントがあったら、「今の自分から脱皮したい、吹っ切れてしまいたい」というタイミングで予約を取ってしまいましょう!

さて話は冒頭に戻りますが、「ライフハック」はコトバンクによれば「仕事の質や効率、高い生産性を上げるための工夫や取り組み」とのことですので、

病院に行く⇒快適な身体になる⇒仕事の質や効率が上がる 

と捉えれば、やはり今回の提案はライフハックに違いありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

銀座某所広報担当やまま
85年生まれの自意識過剰なアラサー銀座OLです。ブログ運営などの趣味時間を増やすために転職したものの、周囲の目が気になって残業しがち。食べることが好きで、ブログ「言いたいことやまやまです」で食レポエッセイをよく書いています。颯爽と18時に退社して趣味活動に打ち込む生活の実現に向け、ライフハック畑に片足を突っ込んだばかりです。命を燃やすように生きたい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Google AD

Return Top