ライフハックマガジン

毎日をちょっと良くするライフハックを

手持ち服を断捨離!不用な服はどうすればいい?

手持ち服を断捨離!不用な服はどうすればいい?

夏服のバーゲンで無駄な買い物をしないためにどうするか。
意識をしていないと、ちょっとしたストレス発散で「Tシャツならいくらあっても困らないでしょ」などと思って1,500円くらいになっているボーダー模様のTシャツを買ってしまうのです。帰宅してタンスにしまうときになってやっと、すでに自分がボーダーの服ばかり持っていたことを思い出す。また、やってしまった……。手元のそれが囚人服に見えてきます。

把握できるレベルになるまで手持ち服を断捨離

前回記事では「アプリを使って自分のワードローブを把握しよう」という提言をいたしました。

 

かなり地道な作業ではありますが、多くの人はファッショニスタではないはず。アプリに登録しきれないような量の服があるのならば、まずは断捨離すべきです。私のような凡人がたくさんの服を持っていたところで、使い場所がありません。それを「持ち腐れ」と呼ぶのです。

処分方法はさまざまです。手っ取り早いのは「燃えるゴミ」化ですが、心が痛む人もいらっしゃいましょう。捨てるほどには傷んでいないお洋服もたくさんあるものです。

フリマアプリで売る

まず思いつくのは、メルカリなどのフリマアプリで売ること。

でも、細々としたレスポンスや手続きがお得意な方以外にはおすすめできません。
サイズはどのくらいかといった質問はつきものですし(たとえ説明文に書いてあっても)、値引き交渉の猛者が数多存在しますから、そのお返事もなかなか手強い作業。発送に向けた梱包も大事です。当然雑に送ると評価が下げられてしまいます。

きっといちばんお金になるのでしょうが、労力を時給換算するとイマイチなのではないかと思います。

古着屋に売る

私はこの方法がメインです。

徒歩圏内に古着店のMODE・OFFさんがあるので、ドカッと持ち込みます。もちろん大した儲けにはなりませんが(10着以上持ち込んでも300円くらいだったこともあります)、「捨てずに処分できた」ことが嬉しいので十分です。

いちおう「売りドキ」があるようです。

「ダンボールに詰めて送るだけ」を謳う「ブランディア」などのサービスもありますが、宅配系はハイブランドの服しか受け取ってくれませんので、庶民の私は使うことができません。

リサイクル団体などに送る

近隣に古着店がない家に住んでいた頃は、「日本リ・ファッション協会」さんに送っていました。
家庭にある「着るに着れない服」「捨てるに捨てられない服」を引き取り、有効活用する活動(リ・ファッション・ラボプロジェクト)を推進している団体です。

送付時の送料はこちらが負担しなければなりませんが、「持て余していて捨てられない服を引き取ってもらい、活用していただける」と思えることがありがたい。送料なんて安いものです。

下記リンク先に送り先や引取対象物が記載されていますので、ご参考にどうぞ。仕分けなどをしていただく手間への感謝の気持ちとして、リンク先に記載されている「マスク」「ガムテープ」「ビニール袋」などを同封すると喜んでいただけるかもしれません。

 

▼ほかにもいろいろなグループ、サービスがあるようです

 

来週も、洋服関連の記事を書かせていただく予定です。
今度こそ「重複購入を避けるための手段」について書きます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

銀座某所広報担当やまま
85年生まれの自意識過剰なアラサー銀座OLです。ブログ運営などの趣味時間を増やすために転職したものの、周囲の目が気になって残業しがち。食べることが好きで、ブログ「言いたいことやまやまです」で食レポエッセイをよく書いています。颯爽と18時に退社して趣味活動に打ち込む生活の実現に向け、ライフハック畑に片足を突っ込んだばかりです。命を燃やすように生きたい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Google AD

Return Top