ライフハックマガジン

毎日をちょっと良くするライフハックを

やりたい・やらねばならぬことで頭がいっぱいに

やりたい・やらねばならぬことで頭がいっぱいに

こちらの記事で紹介されているイベント、とても興味があります。
いま、自分の中でいろんなレベルの「やりたいこと」「タスク」がごちゃ混ぜになってきてしまっていて、さらにはいろいろな情報整理ツールに手を出してしまっていて、どこに何がしまわれているのかがわからないのがひどく気持ち悪いのです。

2月にこの記事を書いた時点では、こんなことになっていませんでした。自分なりの情報整理術に満足がいっていたし、使い勝手がよいと思っていたくらいです。

しかしそれから半年が経った今、OL生活を支える2軸である「仕事時間」「私的時間」の両方で、内容物の形が変わったり容量が増えたりしたことで、これまではうまく収められていた器が破損してしまったような感覚になっています。

現在なにがいちばん苦しいって、「わからないことがわからない」ところです。腑に落ちない感覚を抱きつつも「なにか質問は?」と問われて返答できないときの気持ち悪さと同じです。

その解消のためにもGTDで言うところの「収集・把握」の作業をしたいところですが、締切のある「やらねばならないこと」に怯え、「やりたいことの棚卸し」の時間確保を先延ばしにしてしまっています。締切があることだけならまだしも、「なるべく早めにやっておかないと」というものにも怯えているものだから、どんどん棚卸しの時間が遠のいています。

「急がば回れ」なのだと頭ではわかるけれど行動に移せない。その原因である「根拠のない焦燥感」にはこれまでもずいぶん苦しめられてきました。どこかでエイヤとやることこそが、焦燥感の根拠を突き止めることでもあり、それは安心にも繋がるのです(と、ここに書くことで実行に移そうとしています)。

ところで、現在は主に下記の情報整理ツールを使用しています。

毎日のタスク管理やメモ(ただし会社にいる時間以外):たすくま
会社にいる時間のタスク管理:10ミニッツ(付箋)
記事作成・議事録・ブログのネタストック:WorkFlowy
やりたい・やらねばリスト:Todoist(日付設定をすることで「やりたい・やらねば」を「やること」化できる)
保存版情報(日次レビュー等も含む):Evernote

これとは別に、体重や運動量や便通状況などは専用アプリでログをつけています。

Todoistはなくてはならないのですが、ちょっと立ち位置が中途半端。WorkFlowyをDynalistに乗り換え、有料版を使用すればTodoistを卒業できそうです(Googleカレンダーと連携できるようなので)が、月8ドル弱と聞いてちょっと悩んでしまうところです。

いずれにしても、頭の中にあることを一度全部吐き出したいのです。同じ想いの方が集まる1泊2日の温泉旅行とかがあったら面白そうだと常々思っているのですが、結局それでは作業が進まないような気がしなくもありません。

個人ブログのような記事となってしまい恐縮です。「ライフハックマガジン」という名を冠している以上、本来であればこうして悩める方に指南するような記事こそ書くべきなのですが、執筆者自身が悩んでいる様をお楽しみいただけたら幸いです。いかにして復活するか?その経緯をこちらでご報告していけたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

銀座某所広報担当やまま
85年生まれの自意識過剰なアラサー銀座OLです。ブログ運営などの趣味時間を増やすために転職したものの、周囲の目が気になって残業しがち。食べることが好きで、ブログ「言いたいことやまやまです」で食レポエッセイをよく書いています。颯爽と18時に退社して趣味活動に打ち込む生活の実現に向け、ライフハック畑に片足を突っ込んだばかりです。命を燃やすように生きたい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Google AD

Return Top