ライフハックマガジン

毎日をちょっと良くするライフハックを

「ザ・宴会」翌日の後悔をしないために

「ザ・宴会」翌日の後悔をしないために

会社員をしているからかもしれませんが、8月は「暑気払い」と称した飲み会が多数開催されます。
暑気払いに限らず、「人数多めで参加費3500円~5000円で飲み放題2時間」という内容の宴会は、あまりおいしいものがいただけないという印象があります。

それにもかかわらず、食い意地が張っている人間(私です)は「せっかく参加費を払っているのだから勿体無い」と言わんばかりにむしゃむしゃと食い尽くすのです。そして翌日、もたれた胃を携えながら体重計に乗り、後悔をする。そんなことの繰り返しです。ちなみに、立食パーティーでも結構みっともない食べ方をしていると思います。

いい歳して、宴席の目的を見誤っていることを反省します。あの場は「同じ空間に集い、語り合う」ためにあるのであり、ごはんのために存在しているのではありません。何もないと間が持たないので、酒と食べ物が用意されているのです。

この夏はそれを肝に銘じ、解決策を探っています。

まず、お酒はビールかウーロン茶で。糖質やプリン体を気にしてハイボールを選びそうになりますが、飲み放題店舗のハイボールは当たり外れがあります。レモンサワーも好きなのですが、やたら甘いのが出てくる可能性もあります。
「お店の人が手を加えずともできあがっている飲み物」を選ぶとなると、ビールです。瓶ビールだとなお良しですが、なかなかそういうお店はありませんね。ピッチャーで提供される場合は要検討。
気付け薬的にウーロンハイをガッと飲み(アルコールでエンジンをかけないと陽気に過ごせないので)、その後はウーロン茶をお代わりし続けるのがよいかもしれません。

そしてなにより、「おいしそうだな」と思うもの以外食べないこと。
おいしかろうとまずかろうと、食べ物を残すというのは非常に心が痛むのですが、おいしくなかったら食べない。
シーザードレッシングでひたひたになっているサラダとか、油まみれの唐揚げとか、とりあえず感のあるピザとか、食べない。こういう「ダメ料理」は、それはそれでうまいのです。B級感のある油の味わいなど、たまりません!しかしそこに身を投じて1日で回復できるほど、身体はもう若くない。入り口で排除する勇気を持つのです!(まだ葛藤まみれ)

我慢して食べずに過ごしていると、くいしんぼうな私はフラストレーションがたまるばかり。帰りにコンビニに寄り、結局我慢しきれずファミチキを購入するという最悪の事態に陥ったこともあります。コンビニに寄ったら最後、悔しさとイライラで爆買いしてしまうことがわかりました。

そこで、こうした宴席の場合はあらかじめ「ひとり二次会」用の食べ物を持参することにしてみたのです。
おすすめは、こういう小分けのナッツ。

これ1袋で207kcal、夜に食べるにはお世辞にもヘルシー食とは言えませんが、宴席でおいしくないものをガツガツ食べたり、ファミチキを買ったりするよりは健康的です。ナッツ以外で、常温持ち歩き可能で塩分控えめな「ひとり二次会」食品を探しています……

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

銀座某所広報担当やまま
85年生まれの自意識過剰なアラサー銀座OLです。ブログ運営などの趣味時間を増やすために転職したものの、周囲の目が気になって残業しがち。食べることが好きで、ブログ「言いたいことやまやまです」で食レポエッセイをよく書いています。颯爽と18時に退社して趣味活動に打ち込む生活の実現に向け、ライフハック畑に片足を突っ込んだばかりです。命を燃やすように生きたい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Google AD

Return Top